今日はミントの味がする日
糸田ともよさん

25年くらいになるでしょうか。

1990年くらいだと、まだメールとか携帯なくて、手紙でやりとりって普通だった。


その頃、とあるキッカケでお手紙をやりとりするような友達が出来て。。。

それが、糸田ともよさんでした。


凄い沢山手紙しました。

楽しくて。ともよさんとのお手紙。

今思ったら、ぜいたくかも。



歌人であり詩人であり、

いや、カテゴリーはともかく、

作家、思想家、芸術家なんでもいいけど、


ガラス細工のように透明で繊細な感性で、

色々な表現活動をされています。


ご本人はとても妖精っぽい。。。

魅力的で、フワーとつかめない感じの方で、

不思議な透明感のある素敵な女性です。



そんな憧れの糸田さんが、

とても素敵な詩、短歌を、

作品に与えてくれました。


めちゃくちゃ嬉しい。

どうしよう。。。。


人生のひとつの夢がかなってしまって、

嬉しくて、しばらく挙動不審になりました。


別冊「蓮」act.4

詩歌探究社会より


詩歌探究社 蓮 のブログ
http://blog.goo.ne.jp/ys1818hasu

糸田ともよさん

夜光席

http://melharp.asablo.jp/blog/2017/05/04/8541497






掲載作家の方、それぞれの世界観で、

宝のような一冊です。




- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://omakenodanngo.jugem.jp/trackback/322
<< NEW | TOP | OLD>>
カウンター